本業以外の副業で収入を得た場合は、確定申告が必要になります。
ただ、副業を始めたら必ず確定申告が必要な訳ではありません。

 

給与所得とは別に副業で年間20万円以上の所得がある場合は確定申告が必須となります。
逆に言うと、年間20万円未満であれば、確定申告は必要ありません。

 

例えばアフィリエイトやネットショップなどで収入があって年間20万円以上の所得がある場合、確定申告をする義務が発生します。
Webでの収入はバレにくいと思って申告しない人もいるようですが、申告しないと重加算税などが課されてしまうケースもあるので、注意が必要です。

 

~ITmedia ニュース2013.01.18より抜粋~

 

大阪国税局が近畿2府4県で実施した所得税の税務調査で、インターネットを利用した商取引のうち、所得をまったく申告しない無申告が全体の4分の1以上を占める高水準で常態化していることが7日、大阪国税局への取材で分かった。

 

直接的な現金の授受がなく、ネットを利用する気軽さから、中には「ばれないと思った」と意図的に申告しない悪質なケースもある。直近の調査で、申告漏れと合わせた総額は年約61億円に達しており、同局は専門の調査チームを中心に監視を強めている。

 

(中略)

 

大阪府内の主婦の場合、自身のブログに衣料品や化粧品などの広告を掲載し、約8300万円を得ていたが、「ばれなければいいと思った」と全く申告せず、約3600万円を追徴課税された。

 

~抜粋ここまで~

 

ただ所得は売上とは違って経費を差し引いた金額なので、例えば売上が30万円あっても経費が15万円かかっていれば所得は15万円になるので、確定申告の必要はありません。

 

副業をする場合、所得の計算方法などをチェックして必要があればキチンと申告するようにしましょう。

関連ページ

在宅ワーク詐欺に注意!
自宅で稼げる!お手軽お小遣い稼ぎから本業でがっつり稼ぐ方法まで、安全・安心在宅ワークについて紹介します